地図ソフトの作り方
地図ソフト作成の参考となるプログラムを紹介します。
 各項目ではFLand-Aleのソースとコメントがありますので参考にしてください。
  • 距離と方位の計算
  • 地図座標変換
  • 地図データ
  • 地名データ
  • 地図表示の高速化
  • モジュール構成
  • クラス構成
距離と方位計算
    ここでは2つの処理を行います。 1)基準地点から距離と方位を指定して、目的位置を求める。
    2)基準地点と目的地点を指定して、距離と方位を求める。 これらの計算は球面三角法により行っています。 Private Const mATN1P45 = 0.0174533 'atn(1)/45
    Private Const ER = 6378.14
    Private Const PI = 3.14159265358979
    'LHT座標値例
    '北緯36度30分 → 365000
    '南緯40度45分 → - 407500
    '北緯136度30分 → 1365000
    '南緯140度45分 → -1407500
    Option Explicit

    '位置と距離と方位を指定して目的位置を求める
    Public Sub GetPos_Kyorihoui(ByVal Mypx&, ByVal Mypy&, ByVal Kyori#, ByVal Houi#, Topx&, Topy&)
    'Mypx 基準位置経度 Mypy 基準位置緯度 LHT座標
    'Kyori 距離 km Houi 方位 度
    'Topx 目的位置経度 Topy 目的位置緯度 LHT座標
    '方位は0-359.99.. 北が0、東が90、南が180、西が270となる。

        Dim cb#, sb#, clc#, c#
        Dim xx#, ido#, kdo#
        ido = (900000 - Mypy) * (Atn(1) * 4) / 1800000
        c = Kyori / ER
        If c > (Atn(1) * 4) * 2 Then c = c - (Atn(1) * 4) * 2
        cb = Cos(c) * Cos(ido) + Sin(c) * Sin(ido) * Cos(Houi * mATN1P45)
        If cb = 1 Then
            sb = 0
        Else
            sb = Sqr(1 - cb * cb)
        End If
        If Sin(ido) * sb = 0 Then
            clc = 0
        Else
            clc = (Cos(c) - Cos(ido) * cb) / (Sin(ido) * sb)
            If clc > 1 Then clc = 1
            If clc < -1 Then clc = -1
        End If
        xx = cb
        If Sqr(-xx * xx + 1) = 0 Then
            ido = Atn(1) * 2
        Else
            ido = Atn(-xx / Sqr(-xx * xx + 1)) + 2 * Atn(1)
        End If
        Topy = 900000 - ido * 1800000 / (Atn(1) * 4)
        xx = clc
        If xx = 1 Then
            kdo = 0
        ElseIf xx = -1 Then
            kdo = Atn(1) * 4
        Else
            If Sin(Houi * mATN1P45) > = 0 Then
                kdo = Atn(-xx / Sqr(-xx * xx + 1)) + 2 * Atn(1)
            Else
                kdo = -(Atn(-xx / Sqr(-xx * xx + 1)) + 2 * Atn(1))
            End If
        End If
        If c > Atn(1) * 4 Then kdo = -kdo
        kdo = kdo * 1800000 / (Atn(1) * 4)
        Topx = Mypx + kdo
        If Topx > 1800000 Then Topx = Topx - 3600000
        If Topx < -1800000 Then Topx = Topx + 3600000
    End Sub

    '2点の位置を指定して距離と方位を求める。
    Public Sub GetKyoriHoui(ByVal Mypx&, ByVal Mypy&, ByVal Topx&, ByVal Topy&, Kyori#, Houi#)
    'Mypx 位置1経度 Mypy 位置2緯度 LHT座標
    'Topx 位置2経度 Topy 位置2緯度 LHT座標
    'Kyori 計算結果距離 km Houi 計算結果方位 度
        Dim xx#, ram#, sig#, ssig#
        Dim mx#, my#, tx#, ty#
        On Error GoTo getkher

        '2点の位置を設定
        mx = Mypx
        tx = Topx
        my = Mypy
        ty = Topy
        If mx = tx And my = ty Then '010711
            Kyori = 0
            Houi = 0
            Exit Sub
        End If

        'ラジアン変換
        mx = mx * PI / 1800000
        my = my * PI / 1800000
        tx = tx * PI / 1800000
        ty = ty * PI / 1800000

        '距離を求める
        ram = tx - mx
        xx = Sin(my) * Sin(ty) + Cos(my) * Cos(ty) * Cos(ram)
        If xx = -1# Then
             sig = PI
        ElseIf xx = 1# Then
             sig = 0
        Else
             sig = Atn(-xx / Sqr(-xx * xx + 1)) + PI / 2
        End If
        Kyori = ER * sig

        '方位を求める
        ssig = Sin(sig)
        If ssig = 0 Then
             Houi = 0
        Else
             xx = Cos(ty) * Sin(ram) / ssig
             If -xx * xx + 1 < 0 Then
                  If Sin(ram) > 0 Then
                       Houi = 90
                  Else
                        Houi = 270
                  End If
             ElseIf Sqr(-xx * xx + 1) = 0 Then
                 If Sin(ram) > 0 Then
                       Houi = 90
                 Else
                      Houi = 270
                 End If
            Else
                 Houi = Atn(xx / Sqr(-xx * xx + 1))
                If 0 > Cos(my) * Sin(ty) - Sin(my) * Cos(ty) * Cos(ram) Then
                     Houi = PI - Houi
                End If
                 Houi = Houi * 180 / PI
                If Houi < 0 Then Houi = Houi + 360
             End If
        End If
    Exit Sub
    '参考
    'Arcsin(x) = Atn(x / Sqr(-x * x + 1))
    'Arccos(X) = Atn(-X / Sqr(-X * X + 1)) + 2 * Atn(1)
    getkher:
    'Errmes Err, "s_Getkyorihoui"
    Resume Next
    End Sub
地図座標変換
    地図表示の基本となる部分です。地図データは緯度経度となっていますが、画面上に表示される場合は、地図の図法により変換作業を行うことになります。以下のプログラムでは1点のポイントの緯度経度を画面上の(X,Y)への変換処理を行います。 'LHT座標をピクチャーXY座標に変換する
    Public Function LHTtopicXY_LpsubM!(px&, py&, linego%)
    Dim bb As tdtype, hh&, ss#, sbai#
    On Error GoTo xtper2
    'LHTto球座標
    If pzuho_kyu Then '球座標か?
    sbai = z_LHTZearth(bb, px * LHTRADB, py * LHTRADB)
    Else
    Select Case lp_zuho '各図法ごとの計算を行う
    Case MZ_CHOKO: z_LHTZchoko bb, px, py
    Case MZ_SANSON: z_LHTZsanson bb, px, py
    Case MZ_EKELT: z_LHTZekelt bb, px, py
    Case MZ_MOLWA: z_LHTZmolwa bb, px, py
    Case MZ_MELKA: z_LHTZmelka bb, px, py
    Case MZ_MIRROR: z_LHTZmirror bb, px, py
    Case MZ_ENSUI: z_LHTZensui bb, px, py
    Case MZ_BONNU: z_LHTZbonnu bb, px, py
    Case MZ_OKIMO: z_LHTZokimo bb, px, py
    End Select
    End If
    '方位変換を行う
    If housz <> 0 Then
    If pzuho_kyu = False Then
    '方位設定
    ss = bb.xt * houcz - bb.yt * housz
    bb.yt = bb.xt * housz + bb.yt * houcz
    bb.xt = ss
    End If
    End If
    '俯角変換を行う
    If Not fukmode Then '980605
    If pzuho_kyu And (lpm_mode = LPM_POINT Or sbai = -1) Then '球図法で1点か正距方位で縁ならば sbai は設定しない
    Else
    sbai = 1
    End If
    Else
    sbai = z_LHTZ_Fukaku(bb, linego)
    End If
    '球座標をPIC座標に変換する
    px = bb.xt * LHT90picbaiptwxl
    py = bb.yt * LHT90picbaiptwyl + lp_psyp
    'フライトビュー変換を行う
    If lp_flaja Then
    If lpm_mode = LPM_SHS And py < lp_chipy - lp_psm.y Then '970530
    py = -1000
    End If
    hh = px * bancz - py * bansz
    py = px * bansz + py * bancz
    px = hh
    End If
    '左右逆転
    'px = -px
    LHTtopicXY_LpsubM = sbai
    Exit Function
    xtper2:
    Select Case Err
    Case 5 '980126
    Resume Next
    Case 6
    Resume Next
    Case 11
    Debug.Print "LPSUB2 0で除算"
    Resume Next
    Case Else
    'Errmes Err, "LPSUB2"
    Resume Next
    End Select
    End Function
    ''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
    '球座標の計算 座標設定
    '''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''
    Private Function z_LHTZearth#(b1 As tdtype, ByVal sz#, ByVal cz#)
    Dim b2x#, b2y#, b2z#, mtemp#
    On Error GoTo xtper
    With b1
    '球座標算出
    '地図中心をx=0,y=0,z=1に持ってくる回転
    mtemp = Cos(cz)
    b2x = Sin(sz) * mtemp
    b2y = -Sin(cz)
    b2z = Cos(sz) * mtemp
    .xt = b2x * f(1).xt + b2y * f(2).xt + b2z * f(3).xt
    .yt = b2x * f(1).yt + b2y * f(2).yt + b2z * f(3).yt
    .zt = b2x * f(1).zt + b2y * f(2).zt + b2z * f(3).zt
    '地名敷居値チェック
    If lpm_mode = LPM_SHS And .zt < zski Then
    .xt = -10: .yt = -10: .zt = -10 '980721
    z_LHTZearth = -1
    ElseIf Not fukmode Or efukamode = 0 Then '980605
    If .zt > = zski Then '敷居値以上
    z_LHTZearth = 1
    Else
    z_zzchk .xt, .yt, .zt
    z_LHTZearth = 0
    End If
    End If
    Select Case lp_zuho
    Case MZ_KYOHO, MZ_RANBE
    If Abs(.zt) > = 1 Then
    .zt = Sgn(.zt) * 0.99999999
    Else
    '中心からの半径を求める
    cz = Atn(.zt / Sqr(-.zt * .zt + 1))
    cz = -cz + Atn(1) * 2
    If lp_zuho = MZ_RANBE Then
    cz = 2 * Sin(cz / 2)
    End If
    'xy角を求める
    If .xt = 0 Then
    .xt = 0
    .yt = cz * Sgn(.yt)
    Else
    sz = Atn(.yt / .xt)
    mtemp = Sgn(.xt)
    .xt = cz * Cos(sz) * mtemp
    .yt = cz * Sin(sz) * mtemp
    End If
    End If
    End Select
    End With
    Exit Function
    xtper:
    Select Case Err
    Case 6
    Resume Next
    Case 11
    Debug.Print "LPSUB1 0で除算"
    Resume Next
    Case Else
    'Errmes Err, "LPSUB1"
    Resume Next
    End Select
    End Function
    '正角方位図法の計算
    Private Sub z_LHTZchoko(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    b1.xt = (xx - lp_sbnow.X) * PLHT90
    b1.yt = -(yy - lp_sbnow.y) * PLHT90
    End Sub
    'サンソン図法の計算
    Private Sub z_LHTZsanson(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    b1.xt = (xx - lp_sbnow.X) * Cos(yy * LHTRADB) * PLHT90
    b1.yt = -(yy - lp_sbnow.y) * PLHT90
    End Sub
    'サンソン図法(沖縄)
    Private Sub z_LHTZokimo(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    Dim opy&
    opy = yy
    If (xx / DOUBAI < 132.5) And (yy / DOUBAI < 30) Then '正位置→沖縄移動位置
    xx = xx + OKIX
    yy = yy + OKIY
    End If
    b1.xt = (xx - lp_sbnow.X) * Cos(opy * LHTRADB) * PLHT90
    b1.yt = -(yy - lp_sbnow.y) * PLHT90
    End Sub
    'エケルト図法の計算
    Private Sub z_LHTZekelt(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    b1.xt = (xx - lp_sbnow.X) * 0.31184 * (1 + Cos(yy * LHTRADB)) * PLHT90
    b1.yt = -(yy - lp_sbnow.y) * 0.62369 * PLHT90
    End Sub
    'モルワイデ図法の計算
    Private Sub z_LHTZmolwa(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    Dim f0#, yhos#, h#
    f0 = Atn(1) * 4 * Sin(lp_sbnow.y * LHTRADB)
    h = z_LHTZmolwa_sub(f0, lp_bai)
    yhos = -Sqr(2) * Sin(h)
    f0 = Atn(1) * 4 * Sin(yy * LHTRADB)
    h = z_LHTZmolwa_sub(f0, lp_bai)
    b1.xt = (xx - lp_sbnow.X) * Atn(1) * 2 * Cos(h) * PLHT90
    b1.yt = -Sqr(2) * Sin(h) - yhos
    End Sub
    'モルワイデ図法の計算サブ
    Private Function z_LHTZmolwa_sub#(f0#, bai!)
    Dim i&, bs#, bl#, h#
    If Sgn(f0) > = 0 Then
    bs = f0 / 2 - 0.5
    bl = f0 / 2 + 0.5
    Else
    bs = f0 / 2 - 0.5
    bl = f0 / 2 + 0.5
    End If
    For i = 0 To Log(1 / bai) + 17
    h = (bs + bl) / 2
    If 2 * h + Sin(2 * h) - f0 < 0 Then
    bs = h
    Else
    bl = h
    End If
    Next
    z_LHTZmolwa_sub = h
    End Function
    'メルカトル図法の計算
    Private Sub z_LHTZmelka(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    Dim sz#, cz#
    b1.xt = (xx - lp_sbnow.X) * PLHT90
    If Abs(yy) > = 850000 Then
    yy = Sgn(yy) * 850000
    End If
    sz = Log(Tan((LHT45 + Abs(yy) / 2) * LHTRADB)) / Log(10#) 'r * Log( tan(45+y/2))
    cz = Log(Tan((LHT45 + Abs(lp_sbnow.y) / 2) * LHTRADB)) / Log(10#) 'r * Log( tan(45+y/2))
    b1.yt = 1.5 * (Sgn(lp_sbnow.y) * cz - Sgn(yy) * sz)
    End Sub
    'ミラー図法の計算
    Private Sub z_LHTZmirror(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    Dim sz#, cz#
    If xx - lp_sbnow.X < -LHT360 Then
    b1.xt = (xx - lp_sbnow.X + LHT360) * PLHT90
    Else
    b1.xt = (xx - lp_sbnow.X) * PLHT90
    End If
    If Abs(yy) > = LHT90 Then
    yy = Sgn(yy) * LHT90 - 1
    End If
    sz = Log(Tan((LHT45 + Abs(yy) * 2 / 5) * LHTRADB)) / Log(10#) 'r * Log( tan(45+y/2))
    cz = Log(Tan((LHT45 + Abs(lp_sbnow.y) * 2 / 5) * LHTRADB)) / Log(10#) 'r * Log( tan(45+y/2))
    b1.yt = 1.9 * (Sgn(lp_sbnow.y) * cz - Sgn(yy) * sz)
    End Sub
    '円錐図法の計算
    Private Sub z_LHTZensui(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    Dim r#, r0#, h#, f0#, yhos#
    If lp_sbnow.y > = 0 Then
    f0 = 30
    If yy < -600000 Then yy = -600000
    Else
    f0 = -30
    If yy > 600000 Then yy = 600000
    End If
    r0 = 1 / Tan(f0 * ATN1P45) '30度のとき
    yhos = r0 - Tan((lp_sbnow.y * LHTRADB - f0 * ATN1P45))
    r = r0 - Tan((yy * LHTRADB - f0 * ATN1P45))
    h = ((xx - lp_sbnow.X) * LHTRADB) * Sin(f0 * ATN1P45)
    b1.xt = r * Sin(h)
    b1.yt = r * Cos(h) - yhos
    End Sub
    'ボンヌ図法の計算
    Private Sub z_LHTZbonnu(b1 As tdtype, ByVal xx&, ByVal yy&)
    Dim r#, r0#, h#, f0#, yhos#
    If lp_sbnow.y > = 0 Then
    f0 = 30
    Else
    f0 = -30
    End If
    r0 = 1# / Tan(f0 * ATN1P45) '30度のとき
    yhos = r0 - (lp_sbnow.y - f0 * DOUBAI) * PLHT90 * Atn(1) * 2
    r = r0 - (yy - f0 * DOUBAI) * PLHT90 * Atn(1) * 2
    h = ((xx - lp_sbnow.X) * LHTRADB) * Cos(yy * LHTRADB) / r
    b1.xt = r * Sin(h)
    b1.yt = r * Cos(h) - yhos
    End Sub
地図データ
    1.内容
    海岸線、各標高ごとの標高線をベクトルデータとしています。
    2.入手先 十数年前になりますが、USGS(米国地質調査所)の30秒メッシュ地図を入手しました。当時はUSGSのページに登録すると無料でデータが入手可能でした。申し込みのページ(もちろん英語)に住所氏名などを記入して2週間ほどしてCD-ROMが6枚とどきました。
    3.FLand-Ale用データ作成
     USGSのデータを入手してもそのままではFLand-Aleに使用できません。FLand-Aleで使用するためにはベクトルデータ化をします。メッシュ→ベクトル変換のプログラムを作成し、地図上で任意の地点をクリックするとその周りの同一標高のデータを拾いだしベクトルデータを作成するものです。
     大陸の標高が低いところでは1地点入力するとかなり広範囲のデータが作成できるのですが、標高の高いところや島などは1点1点指定してもできるデータはわずかなものです。手間をかけて多くのデータを作りました。
    4.データ形式
    mpz() As POINTAPI
    単純ですが、緯度経度をLong(32bit)化しています。
地名データ
    1.内容
    日本都市は「都道府県市町村区」のすべて、世界都市は主な都市が含まれています。また、山、駅、島、鉄道路線などのデータもあります。各地名ごとに地図表示のレベルなどの付加情報があります。
    2.入手先
    日本の都市データは現在では各所に詳細なデータがありますが、FLand-Aleの製作を始めたときは使用できるデータが見つかりませんでした。そこですべて手入力で入力し、緯度経度は地図を表示し、マウスで指定すれば緯度経度がデータとして作成できるツールを作成し、一つ一つ位置データを作成しました。
     世界の都市データも同様です。こちらは現在でも有効なデータはなかなか見つかりません。
    3.FLand-Ale用データ作成
    各データに種別を付加します。これはエクセルなどで記入していきました。表示レベルなどは周囲との関係を考えつつ調整を行いました。
    4.データ形式
    一つの地名データは以下の8つの項目からなっています。
    Public Type SH1type '80BYTE 4fH
        sname As String * 32 '名称
        syomi As String * 32 'めいしょう  県INDEXの場合はファイル名
        px As Long '経度  県INDEXの場合は開始と終了
        py As Long '緯度
        kubun As Byte '区分
        plevel As Byte '表示レベル 県INDEXの場合はTopLayer,'地図の場合は図法
        vsize As Integer '4aH-4bH 図形の場合のサイズ,山の場合は標高,
                  imgの場合はpicf番号,'KUB_LINEの場合はTOPとの差分
                  '地図の場合は倍率/10
                  ',県indexの場合は日本のusgs番号
        code As Long '4cH-4fH 線、図形の場合は色、
                 '地図の場合は上位から俯角(7bit)、方位(9bit)、IDOH、KEIW
                 ',県indexの場合はusgs番号
    End Type
地図表示の高速化
    FLand-Aleは地図表示の高速化を以下のように行っています。 1.ブロック化 地図データを緯度経度のブロック化し地球全体で27分割、さらに日本部分を11分割する。そして地図表示時は以下の処理を行う。 1)地図表示範囲に含まれるブロック番号を求める
    2)該当するブロックの地図データのみ表示を行う。
    3)海岸線・標高線で複数ブロックにまたがり、一部のブロックのみ表示する場合、表示しないブロック部分はそのブロックの淵を経由するデータにする。 2.データの間引き 地図の縮尺・表示精度によりベクトルデータの間引きを行う。 'ポイント間隔を設定する
    If mSpmap Then '詳細地図か?
    sph = PSTEPSP
    Else
    sph = PSTEPNR
    End If
    If HyojiStyle = HS_NORMAL Then
    m_Pstep1 = (PSTEP1 / .picbai) / sph '縮尺により連動
    m_Pstep2 = (PSTEP2 / .picbai) / sph
    Else
    m_Pstep1 = (PSTEP1B / .picbai) / sph
    m_Pstep2 = (PSTEP2B / .picbai) / sph
    End If
    Select Case mMapSeido '精度により修正する
    Case 0: mms = MMS0
    Case 1: mms = MMS1
    Case 2: mms = MMS2
    End Select
    m_Pstep1 = m_Pstep1 * mms
    m_Pstep2 = m_Pstep2 * mms 3.計算の高速化 (1)三角関数で固定値となるものは定数で行う。 Private Const mATN1P45 = 0.0174533 'atn(1)/45   (2)浮動小数計算はなるべく行わない。整数化できるものは整数化してから計算を行う。
    4.同じ種類ごと処理 市町村などアイテムの表示はそれぞれアイテムごとに描画する。ピクチャーボックスの色・フォントサイズなど変更に時間がかかるため。 For kakujun = KAKU_END To 0 Step -1 '島から描いていく
        If mPshskub(kakus) Then '961121
            z_Fontset kakus, mPshskubMp(kakujun), mMappic '種別ごとにフォントと色を設定する。
        Select Case mPicprn
         Case 1
            Set prx = New CPolyPrn
        End Select
        For j = 0 To ii 'すべてのアイテムから
            If mPsno(j).kaku = kakus Then '今回処理の種別なら
                z_Psetshspp_pic j, mPicprn, mPshskubMp(kakujun)
        End If
    Next
モジュール構成
    FLand-Aleプログラムは大分類すると4つのコンポーネントで構成されます。
    1. ウィンドウ部
    2. 地図表示部
    3. 地形処理部
    4. 地名処理部
    VBGROUP 5.0
    StartupProject=..\vbp\flandc.vbp -- ウィンドウ部
    Project=..\vbpocx\FLandBox.vbp -- 地図表示部
    Project=..\vbpocx\FLandMp.vbp  -- 地形処理部  
    Project=..\vbpocx\FLandGn.vbp  -- 地名処理部

    1.ウィンドウ表示・操作部
    ウィンドウ表示・操作部はメニュー、ツールバー、地名リスト表示、キー入力、マウス入力などの書く処理を行います。
    操作指令により処理を行いますが、ほとんどの処理は地図表示部へ操作内容を伝え、地図表示部が処理を行います。
    2.地図表示部
    地図表示部は、ウィンドウ表示・操作部から操作内容を受け、地図画像の表示を行います。また、操作のうち地形表示に関するものは地形処理部へ、地名に関するものは地名処理部へ各作業を依頼します。
    地図の描画指令
     1)地形処理部へ地形描画作業を依頼する。
     2)地名処理部へ地図の描画範囲の地名一覧リストの作成を依頼する。
     3)出来上がった地図の上に地名一覧リストの地名を表示する。
     4)地形表示部へ図法表示などの描画作業を依頼する。
    3.地形処理部
    地形処理部は地図に関する処理を行います。
     (1)起動時に地図データを読み込む。
     (2)地図の描画指令が来た場合、地図を表示する。
    4.地名処理部
    地名処理部は地名に関する処理を行います。
     (1)起動時に地名データを読み込む。
     (2)地名リストを要求条件により作成し、画像表示部へ渡す。
クラス構成
    ウィンドウ部の構成
    ウィンドウ部のモジュール構成の概要です。 Form=Map.frm    メインウィンドウ
    Form=About.frm   Aboutウィンドウ
    Form=MapOc.frm  作業用
    Class=CfmCboF   コンボボックス処理
    Class=CUser     ユーザー処理
    Class=CPass     パスワード処理
    Class=CfmSBar   スライドバー処理
    Class=CfmToolB   ツールバー処理
    Class=CfmSts    ステータスバー処理
    Class=CfmAirPanel フライトシミュレータパネル処理
    Class=CfmPicSep  画面区切り処理
    Class=CFlaDDE    DDE処理
    Class=CKubMp    作業用
    地図作成部の構成
    地図作成部のモジュール構成の概要です。 Form=paletto.frm   パレット設定ウィンドウ
    Form=Print.frm    プリント設定ウィンドウ
    Form=picWork.frm  作業用
    Form=Mapshsoc.frm 作業用
    Form=Onmap.frm   地図ツールウィンドウ
    Class=clsChooseColor  色選択  
    Class=clsGetOpenFile  ファイル選択
    Class=clsChooseFont  フォント選択
    Class=CKyoho  距離方位計算
    Class=CLhtPic  緯度経度-画面座標変換
    Class=Cpal      パレット
    Class=CMapShsMk  地名の描画
    Class=CMapShs    地図作成メイン
    Class=CMapShsMp  地名の描画
    Class=CMapShsL   ライン表示
    Class=CPolyPrn    地形描画
    Class=Cprintset    プリンタ設定
    Class=CListFit     リスト地名の地図範囲計算
    Class=COnmap    地図ツールメイン
    Class=COnMapLbl  地図ツールラベル
    Class=COnMapLine  地図ツール方位線等距離線
    地形処理部の構成
    地形処理部のモジュール構成の概要です。 Form=Paletto.frm   パレット設定ウィンドウ
    Form=picWork.frm   作業用
    Form=Dirdism.frm   距離方位ウィンドウ
    Form=AutoMap.frm  地図自動設定ウィンドウ
    Form=MapItem.frm  地図アイテム設定ウィンドウ
    Class=CPolyPrn    地形描画
    Class=CAirPlane    フライトシミュレータパネル
    Class=CAirCont    フライトシミュレータ操作
    Class=CZahyo     各種座標変換
    Class=CKyoho     距離方位計算
    Class=CLhtPic     緯度経度画面座標変換
    Class=CMapIn     地図範囲取得
    Class=CMpm      地図パラメータ
    Class=CMapMake   地図作成
    Class=CMapMouse  マウスによる地図移動
    Class=CMpmstr    図法距離線表示
    Class=CPi_Fly     フライトシミュレータ
    Class=CPi_SubM   ガイド地図
    Class=CMapMove   地図移動
    Class=CMapinUS   地図範囲取得USGS
    Class=CMpmSmth   スムーズ地図
    Class=CMapKeido   経緯度線
    Class=CMapComm  地図共通
    Class=CMapFill    地図背景
    Class=CMapBar    地図スクロールバー
    Class=CMapSave   地図保存
    Class=CMapA      地図作成メイン
    Class=CMapHyojiOp  起動時地図表示
    Class=CMpmF     地図パラメータファイル
    Class=Cpal       地図パレット
    Class=CDirDisM    距離方位計算
    Class=CAutoMap    自動地図
    Class=CMapItem    地図アイテム
    地名処理部の構成
    地名処理部のモジュール構成の概要です。 Form=Shssel.frm   地名検索ウィンドウ
    Form=Item.frm    地名アイテム設定ウィンドウ
    Class=CfmTview   ツリービュー
    Class=CfmIml     イメージリスト
    Class=CItemno    アイテム
    Class=CShsA     地名メイン
    Class=CShsData   地名データ
    Class=CShSeSel   地名検索
    Class=CShsFSys   地名ファイルシステム
    Class=CShsLview   リストビュー
    Class=CShsList    地名リスト
    Class=CShsFa     地名ファイルメイン
    Class=CShsFCsv   CSVファイル読み込み
    Class=CShsFFla   FLAファイル読み込み
    Class=CShSeName  地名検索
    Class=CshsFMake   地名ファイル作成
    Class=CShsFsub    地名ファイルサブ
    Class=CShsFEx    その他のファイル読み込み
    Class=CShsFHtm   HTMLファイル読み込み
    Class=CShSeNear   近隣地名検索
    Class=CZahyo     座標変換
    Class=CMyData    マイデータ
    Class=CItem      アイテム
    Class=CShsInMap   地名の地図範囲内計算
    Class=CShsItemk   アイテム
    Class=CShsFGps   GPSファイル読み込み
    Class=CShsJhyoji   アイテム情報表示
    Class=CShsPop    アイテム情報表示
    Class=CShSeA     地名検索処理メイン
    Class=CShsStr    アイテム名称
    Class=CShsFKok   作業用
    Class=CShsFHtmS  HTMLファイル読み込みサブ
ソース