BD-1ルート 04/07/24 椿ライン・大観山

040724

ルート 湯河原駅-湯河原温泉-R75椿ライン(大観山道路)-大観山ドライブイン-芦ノ湖-R1-箱根湯本-旧東海道-湯快爽快さかわ-鴨宮駅

走行距離約56Km

 湯河原駅をスタート。東海道線と新幹線のガードをくぐり、湯河原温泉街へ行く。右手上にはオレンジライン(湯河原新道)を通る車が見える。温泉街を通らない場合、こちらを通ることもできる。
 千歳川を挟んでホテル・旅館が立ち並ぶ中を抜け、「この先コンビニありません」の看板が出ているコンビニを過ぎると、ひっそりとした雰囲気になる。
 奥湯河原温泉への道と分かれ、椿ラインは北西から東へ方向を変える。右下には今登ってきた道が見え、山側からはセミの声の無数の大音響である。
 オートバイが数多く抜き去っていき、ヘアピンカーブが連続する。GPSに表示されるのも、くねくねとした椿ラインの表示だけとなる。
 ハイキングコースとの合流点になるしとどの窟で小休止する頃、しだいに周囲の山々が霧にさえぎられてきた。霧の中は温度は低いものの湿度が高く、汗が噴出してくる。100mごとに標識が立てられているので、1Kmごとに後続待ちと水分補給を定期的に行った。
 標高もかなり上がり景色も良いところなのだろうが、霧がさらに濃くなり数十m先も見えないほどだ。
 箱根ターンパイクの車の音が聞こえてきて、最後のがんばりでようやく大観山に到達。ドライブインは改修予定のため現在営業はしていない。展望台から霧が一瞬切れたときに芦ノ湖が望めた。
 ここから芦ノ湖方面へ。霧も晴れ、芦ノ湖まで一気に下る。
芦ノ湖は月曜が祝日であったからか、土曜なのにの観光客は少なく感じた。
元箱根から国道1号の最高地点まで最後の力を振り絞って上りきると、あとは下り。箱根駅伝でなじみの芦の湯、啓明学園、小涌園、宮ノ下、大平台、函嶺洞門を過ぎる。箱根湯本の先から旧東海道に経由で板橋へ。鴨宮の日帰り温泉に立ち寄り、鴨宮からはJRで帰る。

【霧の中の椿ライン】
2004_0724_122854AA

【大観山からの下りで芦ノ湖を望む】
2004_0724_130123AA

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: サイクリング パーマリンク

BD-1ルート 04/07/24 椿ライン・大観山 への3件のフィードバック

  1. fuji のコメント:

    昨年椿を見に行きましたがこれからでした。何時ごろが見頃でしょうか大観山からの富士がすばらしく今年も箱根に泊まり訪れたいのですが。教えてください。

  2. 呼人 のコメント:

    >fujiさん
    花には詳しくないのでいつがいいかちょっと分かりません。ごめんなさい。
    でも、天気のいいときの大観山からの富士山と芦ノ湖、駒ケ岳などの景色は最高ですね。

  3. 地良投 のコメント:

    湯河原在住「パシ乗り」の地良投と申します、地元ネタのようですので横RES失礼します。
    「椿ライン」の件ですが我が町の観光協会のサイト内に椿の見頃が載っておりましたので参考になればと思いコメントさせていただきました。
    http://www.yugawara.or.jp/sizen.htm

コメントは停止中です。