05/09/11 戸田・土肥・船原峠・伊東

050911


GoogleMapで見る
9/11
沼津駅-沼津港…戸田港-土肥-R136-船原トンネル-修善寺-冷川トンネル-松川湖-伊東駅
68km
 今日は以前走り残した伊豆半島西海岸の戸田-土肥を走ってから、伊豆半島を横断して伊東駅までの予定。
 辻堂発6:12の静岡行、特急「東海」の車両なので、サンドイッチやおにぎりを食べながら快適に、沼津には7:31着。
 沼津駅前から沼津港までの道は、日曜の早朝でもあり車も少なくあっという間に到着。高速船の出発が8:25なのでそれまで港の市場・食堂街を見て周る。
 
 高速船ホワイトマリンで戸田港へ。料金は\1,500、BD-1は輪行袋へ入れる。\1,000円追加で自転車をそのまま載せることもできるそうだ。


 4名の乗客を乗せて出航。沼津を後にして大瀬崎へ一直線。大瀬崎の沖合いを進むと雲の上から富士山が姿を現してきた。西海岸の崖を眺めているとあっという間に戸田港に到着。
2005_0911_081233AA_s
2005_0911_085200AA_s
2005_0911_085741AA_s

 戸田港前のコンビニで水を調達してスタート。まず海沿いに進み、御浜崎への道と分かれると上りにかかる。海から見ると断崖絶壁のこの場所、くねくねと曲がりながらのぼり、とこどろころで姿を現す富士山が雲海に浮かび大きく見えてくる。
標高250mまでのぼり、「碧の丘」展望台で一休み。舟山へ下って再び一山超えると小土肥、旅人岬、土肥へと続く。
2005_0911_092342AA_s
2005_0911_092521AA_s
2005_0911_093949AA_s
2005_0911_095815AA_s
2005_0911_102430AA_s


 土肥のコンビニから山川沿いの道を1kmほど走って国道136号に合流。車が多く、バス、ダンプもビシバシ走る。旧道との分岐手前と、船原トンネル手前にドライブインがある。
2005_0911_103601AA_s
2005_0911_105016AA_s
2005_0911_110847AA_s
2005_0911_113709AA_s


船原峠は新道の船原トンネルで抜ける。このトンネルは歩道が乗って走るにはかなり厳しい幅である。また道路中央にははみ出し防止のブロックが埋め込まれているので、自動車が追い越すときにもぎりぎりに抜いてゆく。交通量は多い。しかも緩やかな上り。これまで走ったトンネルの中でもワースト3に入るトンネルだった。
トンネルを出て一息ついて湯ヶ島まで一気に下る。
2005_0911_115701AA_s
2005_0911_120052AA_s
2005_0911_120556AA_s


 昼食後、修善寺まで下った後は、大見川沿いだらだらと上ってゆく、蒸し暑くて水を飲みながら進むが、この区間が今日の中では一番堪えた。
2005_0911_130521AA_s
2005_0911_131509AA_s


 冷川沿いに入ると木陰が多くなり一息つけた。冷川の右岸にも道があるのを地図で見ていたが、アップダウンが怖かったのと道が途中で切れているかもしれないので見送った。しかし走りながら様子を伺っていると右岸の道のほうがよかった感じがする。
 伊豆スカイラインをくぐってまもなく、冷川峠と冷川トンネルの分岐で右折して冷川トンネル方面へ。徳永川沿いに上り、標高300mを越えると冷川トンネルに着く。
 ここから中伊豆バイパスとなり、トンネルを抜けると一気に下って松川湖畔へ。料金所があり自転車は50円と表示されていたが、係員のおじさんに「自転車はいいですよ」と言われてそのまま通過した。
 南伊東を通って伊東に到着。お風呂に入ろうとホテルを探して「暖香園」で入浴して、伊東駅から輪行で帰宅した。
2005_0911_142529AA_s
2005_0911_142547AA_s

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: サイクリング パーマリンク