06/09/03 浦賀の渡船

自宅-逗子-横須賀-浦賀・・・浦賀の渡船・・・浦賀-久里浜港-津久井浜-林-葉山-逗子-自宅 75km
googlemapで見る。
とても暑い一日でした。
久しぶりに三浦半島へ向かう。走った事のないルートをいろいろとつなぎ合わせて、今日の目的は浦賀の渡船(解説はこちら「浦賀の渡船」)と津久井浜からの林(小和田湾)への丘越えルート。
逗子まではいつものルートで。逗子から横須賀へは、東逗子で京急線の北側の道に移り、そこから横横と交差するまで住宅街の道を行く。
横須賀へ下ってR16に出るが、田浦で海沿いの自衛隊関連施設が林立する道へ。休日でひっそりとした道だが、ランニングする自衛隊員?の姿がちらほらと。途中、横浜ベイスターズの練習場もあった。
横須賀中央駅から馬堀海岸駅までは、京急線沿いの道だが、交通量も少なく、自転車にはとても走りやすい道だった。
浦賀では浦賀の渡船に乗船した。
2006_0903_112108aa_s

2006_0903_112201ab_s

2006_0903_112324aa_s

自転車は甲板の車輪止めにタイヤを入れる。対岸まではあっという間。大人150円+自転車50円です。
浦賀から久里浜港、野比まで海沿いの道。トンネルを通る若干のアップダウンがあるが、追い風でスイスイと進む。
野比でR134に合流するが、すぐ山側の旧道っぽい道に移って津久井浜へ。
ここから津久井浜駅、津久井浜観光農園と、三浦半島らしい場所であるが、暑さと、ちょうど収穫時期を過ぎていて、土だらけの畑でちょっと残念。
林交差点でR134に入ってからあとはいつものコースで。
熱中症にならないように水分をこまめにとりながら走ったが、あやうく暑さに負けそうなサイクリングでした。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: サイクリング パーマリンク