06/10/09 風張峠・鶴峠

武蔵五日市駅-檜原街道-秋川渓谷-都民の森-風張峠-奥多摩湖-鶴峠-上野原駅 81km
googlemapsで見る
更新が遅れましたが、先週の3連休最終日の記録です。
NHK趣味悠々 中高年のための楽しいサイクリング生活「第5回 坂道らくらく走行テクニック」 のコースとなった風張峠に行ってきました。
奥多摩地方へは藤沢からの鉄道の接続があまり良くなく、行ったことがありませんでしたが、良い機会なので朝早く起きて、藤沢-登戸-立川-武蔵五日市と輪行しました。
2006_1009_083753aa_s
武蔵五日市駅
武蔵五日市駅を8:30過ぎにスタート。途中のコンビニで昼食を補給してから檜原街道を西へ行くと、秋川渓谷に入る。
2006_1009_091323aa_s
檜原街道
絶好の天気で、数多くのローディーに抜かれながら、檜原村役場の先の三叉路を南へ。
2006_1009_093131aa_s
森の中


緩やかなアップダウンを繰り返しながらもしだいに標高が上がる。
2006_1009_093831aa_s
秋川渓谷・標高300m
上野原方面と分岐する交差点はTVで見た場所。ここから奥多摩周遊道路が始まる。
2006_1009_100803aa_s
上野原方面分岐・標高400m
ここから傾斜も急に。TVのアドバイスどおり、もったいぶらずに一番軽いギアに。
2006_1009_101725aa_s
奥多摩周遊道路
上りがずーっと続くのかと思いきや、下りも多くなかなか標高は上らず、家が見えて和田地区に入る。反対側からMTBの2台とすれ違う。
2006_1009_102647aa_s
標高500m
食事処、休憩所もちらほらとあり、人里(へんほり)、笛吹(うすひき)と難読地名を過ぎると、再び傾斜が急になる。
2006_1009_103747aa_s
笛吹(うすひき)地区
檜原温泉センター「数馬の湯」を通過。気温は高くないが日差しが強く、こまめに水を取りながら進む。
2006_1009_110310aa_s
数馬地区・標高650m
2006_1009_111330aa_s
数馬温泉
2006_1009_112750aa_s
奥多摩周遊道路料金所跡
料金所跡を過ぎると、視界が一気に開けてくる。TVではたぶんこのあたりだと思うが、「雨の日には雨の日の楽しみがある・・・」ような大人の会話がされていたが、天気が良ければ更に良いと思わずにはいられない。
2006_1009_113114aa_s
標高800m
2006_1009_113431aa_s
最近整備された走りやすい箇所
2006_1009_113816aa_s
標高900m
このあたりは景色が良いのでちょこまかちょこまかと止まりながらゆく。
2006_1009_115135aa_s
下ってきたサイクリスト・標高950m
2006_1009_115814aa_s

2006_1009_120533aa_s
都民の森・標高1000m
都民の森に到着。ここで昼食とする。
2006_1009_122342aa_s
カーブ増える
都民の森から上はバイクの数がぐっと増える。今日は途中で工事があり、片側交互通行となっていたため、車がまとまってやってくるのでまだましかも。しかしセンターラインにポールがあるので、車は大きく避けることが出来ないので、抜かれるときに気を使った。だいたいの車は徐行してくれるが、白いベンツにはクラクションを鳴らされた。
2006_1009_124752aa_s
バイク1
白線の外側は傾斜しているのでよけいに危ない、白線上を走るのが限界。
2006_1009_124828aa_s
バイク2
他にも片側交互通行箇所で反対側に着かないうちに対向車が走ってきたりといろいろあったが、ようやく最高地点に到着。
2006_1009_124906aa_s
風張峠・標高1146m
ここからは奥多摩湖まで下り。月夜見山駐車場からは奥多摩湖の俯瞰が素晴らしい。
2006_1009_130822aa_s
月夜見山駐車場
2006_1009_130854aa_s_1
奥多摩湖
2006_1009_131933aa_s
下り
2006_1009_132857aa_s
奥多摩湖畔・標高550m
TVではここまでだったが、私たちはここから鶴峠を越えて上野原まで、あと30km残っている。
2006_1009_134823aa_s
R139
2006_1009_140911aa_s
白沢川を上り始める
2006_1009_142839aa_s
鶴峠への上り・標高700m
2回目の峠となると、気力も体力も若干落ち気味となり、淡々と上り続ける。ただ、午前中と違い車もめったに来ないのでその分は気楽である。
2006_1009_144126aa_s
標高800m
景色の良さよりも、鶴峠の標高の記憶があいまいだったため、頂上はまだか、まだかの気分。九折を登りきるとようやく鶴峠である。
2006_1009_145315aa_s
鶴峠・標高870m
2006_1009_150257aa_s
鶴川を下る
2006_1009_150509aa_s
小菅村から上野原市へ
2006_1009_150838aa_s
標高600m
鶴峠から一気に下って上野原まで着くかと思っていたが、途中、鶴川から初戸川へ移ったりして、結構なアップダウンが続く。深い渓谷の中でGPSがしばらく位置不明となる、余裕があると思っていた列車の時間ともいい勝負となってきた。
2006_1009_160523aa_s
標高330m
谷間を抜けるとようやく上野原の町に出て、東名高速を渡って一気に下り、上野原駅に到着。秋になり日の入時間も早くなってきているのでもうすっかり夕方の雰囲気である。
2006_1009_163604aa_s
上野原駅
上野原駅は島式ホーム上に駅があり、左右に改札がある面白い駅だ。
帰りは上野原-八王子-町田-本鵠沼と輪行で帰宅した。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: サイクリング パーマリンク