BD-1 輪行時のチェーン脱落防止

久しぶりにBD-1の小細工をしました。
フロントのチェーンリングはずいぶん前からオリジナルの56Tから42Tに変更しています。
(その記事はこちら→「BD-1の上り坂仕様の話」)
その後42Tから44Tに変更して問題なく走っていますが、ただ一点、困ることは折りたたんで輪行中に、リングカバーがないのでチェーンが脱落してしまうこと。
チェーンリングが小さいので、チェーンを4コマ短くしていても折りたたみ時にチェーンがだらんとします。さらにBD-1の折りたたみの機構上、後輪が左側にシフトするのでチェーンが内側にひねられ、その結果、持ち運びのときや列車・飛行機の振動でチェーンが脱落してしまうことが良くあります。鉄道の時は50%位、飛行機だと100%落ちています。
落ちてしまっても、チェーンリングにちょいと引っ掛けて元に戻すことはできますが、できるならば落ちないようにしたいと思い、何かいい方法はないかなと、ガラクタをあさって出た解決策は、
ミノウラのライトフォルダーを使って脱落防止。
細工方法はライトフォルダーの先をノコで切欠きを付け、チェーンの内側と上側をサポートするように取り付け。これで折りたたみ時にチェーンがはずれ始める箇所を押さえて脱落防止としました。
2007_0317_164946aa_s_1
実装1
2007_0317_165112aa_s
実装2
2007_0317_165053aa_s
折りたたみ時
まだ実際の輪行はしていないので、近々試験をしてみようと思います。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: BD-1・輪行 パーマリンク

BD-1 輪行時のチェーン脱落防止 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: BD-1輪行時のチェーン脱落防止(4) | 地図ソフト作者のGPSサイクリング

  2. ピンバック: BD-1 輪行時のチェーン脱落防止(2) | 地図ソフト作者のGPSサイクリング

コメントは停止中です。