輪行コロ取っ手Type2兼リクセンフロント

前回まで、「輪行コロ取っ手」→「リクセンフロントアタッチメント」と試作してきました。不具合点や実際に使用してみて気づいたところなどを改良して、新たに「輪行コロ取っ手兼リクセンフロント」製作しました。
(前回取っ手に戻すと言ってましたが結局リクセンを付けました。)
2007_0422_171210aa1_s


試作時で改良がいると思っていたところは、
・持ち手がまだ低い。
・ハンドル折りたたみ部との干渉
・強度の不安
でした。
そこで改良した点。
・ヘッドチューブの両側に台座付ける。
・長めの金具を垂直に近い角度で取り付け、ハンドルに直近させる。
・横パイプを2本つけて、上部を取っ手用、下部をリクセンアタッチメント用とする。
・リクセンのワイヤーをさらに下の横棒で受ける。
・バッグの重量負荷をステンレスワイヤーでフレームの台座で受ける。
ブレーキ・変速ワイヤの引き回しがこれまでの方法では干渉するため、3本を左側へ回すように変更しました。
また、3WLEDライトもなかなかいい固定方法がなかったのですが、ライト部とバッテリー部をそれぞれ台座に固定することができました。
2007_0422_095113aa2_s

2007_0422_171312aa2_s

2007_0422_171234aa2_s

2007_0422_171344aa3_s

次の写真はリクセンショッパーをつけてハンドルを左右に振った時です。フレームに固定されているのでハンドルは軽いまま操作できます。
2007_0422_171522aa4_s

2007_0422_171537aa4_s

2007_0422_171607aa4_s

折りたたみ時と輪行袋に入れたときです。
取っての位置はこれまでより上がり、背が高くても本体を持ち上げすぎることなくちょうど良い感じで運搬できそうです。
取っ手を付けた状態でちび輪バッグに収まります。運ぶときはファスナーをあけて取っ手部分を出します。
あと一つ。これはうまくいくか分かりませんが、リクセンバッグを付けて転がすことが出来ます。写真ではマッチパックを付けていますが、重いと大変なのでオールラウンダーあたりが適当と思います。
2007_0422_172042aa5_s

2007_0422_172334aa5_s

2007_0422_172419aa5_s

2007_0422_173021aa5_s

と、いうことで2回の試作を経て実用バージョンとします。GWの前半、2泊3日ツーリングでデビュー予定です。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: BD-1・輪行 パーマリンク