ヒップバッグのリクセン化

ヒップバッグのリクセン化をしました。
ヒップバッグは数年前に購入したマウンテンスミスの「ケルン」。今ではデザインが変更されていますが、容量は18リットルと十分な大きさのもの。北海道ツーリングなど長期ツーリングのときに貴重品やノートPC、地図を入れて使ってきました。
なので、普段の日帰りや1泊サイクリングのときは出番がなかったのですが、これをリクセン化すれば輪行のときにも完全に両手が開くので便利だなと、結構最近になって気がつき・・・(今はマッチパックを常用しています)
そこで、リクセンのアダプタープレートを使ってリクセン化を行いました。
2007_0609_165035aa_s

用品は、アダプタープレートと東急ハンズで買ってきた3mm厚の塩ビ板。バッグ本体にボルトを通す切込みを4ヶ所開け、バッグの腰に当たるところにはクッションが付いているので、クッションにアダプターの顔を出す穴を開け、本体の内部に塩ビ板を入れてアダプタープレートを付けました。
バッグの高さより塩ビ板が少し長かったので2cmほどカットして合わせて、隅はヤスリで面落し。
2007_0609_164905aa_s

2007_0609_164857aa_s

自転車に取り付けるときはベルトをクッションの中に通すようにします。


サドル後ろのエクステンダーとフロントに付けた時の様子はこんな感じ。
試作過程で、フロント取り付け時のハンドルと、フロントスプリングの干渉を調整するためアダプタープレートの位置を5cmほど上に上げました。前の写真でクッションの穴が下に拡がっているのはその改修によるものです。
2007_0609_164810aa_s

2007_0609_140151aa_s

2007_0609_164703aa_s

2007_0609_164724aa_s

今日、茅ヶ崎への買い物で試験をしました、。後ろはまず問題ないので、フロントに取り付け。ハンドルを回しても干渉するところはなく今のところは大丈夫。
2007_0609_160117aa_s

2007_0609_160126aa_s

体に着けたときにも、クッションの穴を開けたところはちょうど腰の窪みで当たらない場所なので違和感はなし。
あとはもう少し重量のあるものを入れたときの挙動を確認して、結果が良ければマッチパックに代わって出番がかなり増えることと思います。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: BD-1・輪行 パーマリンク

ヒップバッグのリクセン化 への6件のフィードバック

  1. Danjun のコメント:

    あぁ、やりましたかぁ。
    私も最近大型のヒップバックを買い、リクセン化に付いて有効性は感じたもののやらないということにしていましたが。。。やっぱり便利そうですね。(^^;

  2. 呼人 のコメント:

    やってしまいました。
    きっかけはDanjunさんのその記事でした。
    だいぶ古くなってきたのでカッターを当てる決断をできましたが、真新しいバッグでしたら私もできません(^^)

  3. JA のコメント:

    こんにちは始めて訪問いたしました。記事とても参考になります。キャスター付きはいいですね。自分ではちょっとムリかも。

  4. 呼人 のコメント:

    はじめまして、JAさん。参考にしていただきありがとうございます。
    簡単な細工からでもぜひチャレンジしてみてください。

  5. ヒップバッグが格安!!

    ヒップバッグはもう持っていて当たり前のアイテムになってきていますね。
    服のローテーションは難しいのですが、ヒップバッグはそつなくその役をこなしてくれます。
    ヒップバッグがあるとお洒落の幅が広がりますから、迷ったときにとても役立ちます。
    私もいい機会だと思ってヒップバッグを購入しました。
    ヒップバッグは他のアイテムを引き立てるような効果がありますね。
    ひとつで何役もこなしてくれるヒップバッグ、ひとつは押さえておきましょう。…

  6. ヒップバックが激安なのは

    せっかくだからちょっと人が持っていないようなものがほしい場合はヒップバックです。
    これはなかなかもっている人はいないですよ。
    他人に埋もれてしまうような格好では恥ずかしいですからね。
    それだけのこだわりがある人こそヒップバックを持つべきです。
    それなりの価格はしますが、出回っている量自体が希少なのですからしょうがないです。
    入手したときの喜びったらないですね。
    自分だけのアイテムに近いですから。
    ヒップバックを身に着けていると、必ず誰かにどこで買ったのか聞かれますね。
    今で……

コメントは停止中です。