BD-1ミッドシップ台座

BD-1のフレームに小物を取り付けるための台座を付けました。
今回の改修は、2年前に北海道ツーリング用に取り付けた「リクセンミッドシップ・プロト」が始まりとなります。→「リクセンミッドシップ・プロト
リクセンミッドシップはフレームの両側にバッグを付けるものでしたが、北海道ツーリング以外では使うことがないので、LEDライトの取り付けに利用しました。→「BD-1に3WLEDライトを付けた
その後、しばらくは変更がなかったのですが、これまでシートポスト後ろに付けていた工具入れ(→「BD-1リア用リクセンカウルアタッチメント」)を移動することにしたため、今回の改修となりました。
作業したことは、まず、折り曲げの入ったアングル金具2本を繋げ、フレームにあたる所には1mm厚のゴム板を適当な大きさに切って接着しました。一本化した金具の前後を水道管用のバンドでフレームに固定します。この延伸のアイデアは以前にコメントでいただいたものでした。こうして長さ30cm程となった台座に、まずはリクセンカウルのASシリーズアダプタを取付けました。
アダプタの加工をする必要なく、プラスドライバだけで取り付けることができます。前部にはこれまでと同じくLEDライトの取付け用の部品を付けてバッテリー部分を固定しました。
2008_0302_162342aa_s

2008_0302_162327aa_s


次に、ASアダプタにリクセンカウル・シェルの工具入れを取り付けます。折りたたみ時のハンドルポストとの位置関係から、この位置が最適でした。
2008_0302_162242aa_s

こうして取り付けた後に1日走って試験をしましたが、心配していたペダリングで工具入れと足が干渉することはなく問題はありませんでした。気になったのは乗り降りするときに足が当たることはありましたが、これは体験を重ねることで自然に体が勉強して、避けるようになると思っています。
2008_0302_162236aa_s

こうして、工具入れを移動してシートポストの後ろの空間を空けました。この空けた部分にリクセンカウルエクステンダーの位置を下げて、取付け荷物の重心を下げる事が最大の目的です。
・・・でしたが、もうちょっと工夫の仕方があるのではないかと悩むところです。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: BD-1・輪行 パーマリンク

BD-1ミッドシップ台座 への2件のフィードバック

  1. nori−コロ のコメント:

    飽くなき進化の道のりですね。

  2. 呼人 のコメント:

    まだまだ道半ばです。

コメントは停止中です。