08/11/24 ’08山陰ツーリング4日目

(16/07/02再編)
11/24(月) 日置-笠松公園-天橋立-宮津-由良-念仏峠-西舞鶴駅 37km
ルート図

4日間のツーリングも最終日。今日は天橋立に行った後は、舞鶴まで淡々と走り、輪行で帰宅の予定。
2日目、3日目とそこそこの天気だったが、今日は西から低気圧が近づき、午前中にも雨が降り始めるとの予報なので、早めに出ることにする。

民宿の窓からは宮津湾の穏やかな海が見える。朝はまだ雲も少なく、対岸の栗田(くんだ)半島から上る日の出を見ることが出来た。

朝食は早めの7時からにしていただいたので、7:30にスタート。R178で宮津湾に沿って天橋立まで、5km位ですぐに到着した。

まずはケーブルカーで笠松公園へ行くことにした。8:00の運行開始直後で乗客も私たちともう1カップル+仕事の人1名だけ。笠松公園の展望台からは斜め一文字の天橋立が見られる。有名な股のぞきもしてみた。下から団体が来ているようでケーブルカーは頻繁に運転されていて下山もすぐだった。

次は天橋立の中を走る。全長3.6kmの松林の中の道。最後に大王橋、廻旋橋を渡るとホテル・土産店街。連休最終日で多くの観光客で賑わっている。


本格的な曇り空になってきた、携帯で天気を見てみると西から雨が近づいているので先を急ぐことにする。宮津市街に入ると田井大垣自転車道の標識があったので行ってみたが、途中で道がよく分からずに国道へ戻ってしまった。

天気が持てば栗田半島を周ろうかと思っていたが、雨から早く逃げたいので、ショートカットで栗田トンネルを抜ける。その後、栗田(くんだ)地区、安寿ロマン海道、由良地区の旧道を通る。
由良川河口にかかる由良川橋梁はタンゴ鉄道の鉄橋。列車はこの橋で対岸に渡るが、道路の橋はなく左岸の国道をしばらく走ることになる。ここから南からの向かい風が厳しくなってきた。

舞鶴市に入り、八雲橋で右岸に渡ると弱い雨が降ってきた、念仏峠を越えればもう舞鶴の街になる。
道の駅「舞鶴港とれとれセンター」でおみやげを買って時間をつぶし、11:20西舞鶴駅にゴールし、駅舎の中でゆっくりと輪行準備をした。

近くのスーパーでお弁当を購入し、特急、新幹線と乗り継いで18時には自宅に到着した。

鳥取空港から日本海沿いを東に丹後半島を廻って4日間で約250km。これまでよく知らなかった地域を走ることができた。天気も連休前後は雪や暴風だったみたいだが、連休中は天候が安定していたのも幸いだった。

次は山口、島根の日本海側も行ってみたい。もう少し暖かいときに。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: サイクリング パーマリンク