16/02/13 宇検から瀬戸内

2/13(土)雨のち曇 湯湾-奄美開運酒造-名柄-久慈-古仁屋-ホノホシ海岸-嘉鉄 59km ルートマップ
奄美大島3日目、朝から雨が降り続いている。雨レーダーを見ると、ちょうど奄美大島の上に雲の列が並び、西から次々とやってきては通り過ぎていく。
今日は最初に湯湾にある奄美開運酒造へ行く予定。9時にオープンするので、朝はゆっくり9時に小雨の中を出発。すぐに到着。
20160213090721_s20160213094204_s
20160213094234_s20160213091759_s
奄美大島黒糖焼酎の「れんと」のメーカーである。売店に行くと工場見学ができるということで、案内されながら工場を見て周る。
黒糖の溶解から蒸留、貯蔵へ。特徴的なのは貯蔵タンクにスピーカーを取り付け、クラシック音楽を鳴らして熟成させる「音響熟成」を行っていることだ。
工場見学後は売店で「たんかんれんと」を購入する。
20160213092100_s20160213092214_s
20160213092311_s20160213092810_s
20160213093229_s20160213094701_s


10時前に奄美開運酒造を出発。今日のルートは昨日に続き奄美大島の南部を反時計回りに進み、ゴールは島の南東端に位置する瀬戸内町の嘉鉄地区までだ。
県道79号で焼内湾の南側を行く、雨は小雨だったりポツポツ雨になったかと思えば、時折ザーっと強い雨が来る。
20160213095005_s20160213101414_s
20160213102316_s20160213103504_s
名柄地区からは200mの峠越え、名柄港と焼内湾を眺めながら上っていく。峠で宇検村から瀬戸内町に入る。
20160213103710_s20160213103750_s
20160213104211_s20160213105946_s
下りの途中で激しい雨が降ってきて急いで久慈地区まで下ると、ちょうど廃業したガソリンスタンドがあったのでここでしばらく雨宿りをして雨を過ごす。
小降りになったところで出発。次は久慈湾から古志地区を経て篠川湾へ。小さな湾と小さな岬の背を上り下りしながらだ。
20160213112119_s20160213112722_s
20160213115109_s20160213120830_s
雨の中の走行にだいぶ疲れてきたが、阿室釜で「古仁屋まで○km」の標識を見て少し元気を取り戻した。小名瀬、阿鉄、油井、久根津と、同じように数十m上ったり下ったり、雨も降ったり止んだり。
海は大島海峡となり、加計呂麻島が大きく姿を現してきた。そして手安地区に到着。昨年9月の来訪時に来た場所だ。
20160213122358_s20160213123600_s
20160213125052_s20160213130144_s
手安からは古仁屋までは知った道となるので気分も楽に古仁屋へ。ジョイフルでお昼ごはんを食べて休憩。
雨の様子を見ながら午後のルートを検討する。ようやく雨雲の列も通りすぎて、午後の雨はほとんどなさそうなので島の南東端のヤドリ浜まで行くこととした。
古仁屋港に寄ってから東へ進む。県道を外れて集落の中の道を行くと、カモの群れが道路脇にいたりする。
20160213132352_s201602131431191_s
20160213145406_s20160213145424_s
午前中の道は車がほとんど通っていなかったけれど、古仁屋からの道は行き交う車も多くなり、観光バスも見かけるようになる。マネン崎展望台からは対岸に生間港から東側の加計呂麻島だ。加計呂麻島も少ししか走っていないので、またゆっくりと訪れてみたい島だ。
雲が少し薄くなってきて、海も鮮やかな色に戻ってきた。
20160213150934_s20160213155202_s
20160213155225_s20160213155521_s
ホノホシ海岸に到着。ここは奄美大島では珍しく、砂浜ではなく丸石で覆われていることで知られている。山と山の間で風の通り道となっていて、強風が吹いており。岩場には荒々しい波が打ち寄せる。
20160213160124_s20160213160321_s
20160213160729_s20160213160759_s
ホノホシ海岸からさらに先端に進めばヤドリ浜。こちらは打って変わって広々としたした砂浜。
20160213162224_s20160213162507_s
今日の宿は嘉鉄地区の「ネプスダイブリゾート」。郷土料理を頂きつつ、500円で黒糖焼酎が飲み放題。とてもうれしいサービスで、いろんな銘柄の黒糖焼酎の飲み比べをさせていただいた。
20160213180638_s20160213180718_s
20160213185302_s20160213200741_s

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: サイクリング パーマリンク