第91回箱根駅伝(2015)順位予想 12/01版

今日から12月になりました。第91回箱根駅伝まであと32日。順位予想の第一弾です。
(12/19追記)エントリー確定後の最終予想は→こちら
☆☆☆☆☆☆ サッポロ生ビール黒ラベル
☆ お知らせ☆ 「箱根駅伝缶」
☆☆☆☆☆☆ 明日12/2より全国発売されます。
出場校の主力選手の10,000m、20km、ハーフの記録、最近の自己記録、その他、過去の傾向など独自データから総合予想タイムを計算した順位予想です。
20141201bmp
今回はダントツで駒澤大、昨年より予想タイムが30秒早くなっています。
駒大から約4分離れて、青山学院大、明治大、東洋大、早稲田大が2位から5位。青学大と明大が少し優位か、早稲田はエントリーメンバー次第でどうなるかです。
また少し離れて、東海大、帝京大、山梨学院大、日体大 ここまで9校でシード権有力。
さて、10位からは大混戦 。國學院大、日本大、中央大、大東文化大、神奈川大、順天堂大、城西大、中央学院大、学連選抜、拓殖大。
タイム差が3分しかないので全く分かりません。(毎年のことですが・・・)
上武大は20位と予想。上武大については例年予想から大きく外れることがないのですが・・・期待はしています。
あと初出場の創価大です。
12/10にチームエントリー(各校16名)の発表されますので、エントリーリストによりもう一度予想を行います。
---------
箱根駅伝コース地図・過去の順位予想などの情報は→こちら

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: 箱根駅伝 パーマリンク