デジカメの落下防止策その3

デジカメの落下防止策その2」の続編です。
作った時点で欠点があらわになったリング方式ですが、次の案が出ずに数回試してきました。使用中に発生した最大の誤算は、デジカメをボトルホルダーに入れようとしたとき、リングがブレーキレバーに引っ掛かってあやうく落としてしまうことでした。
それから2週間ほど考えてきて、今回の試作品がこれ。板棒状の金具を写真のように曲げてグリップ形状にして、三脚用ネジとストラップ受け金具の2ヶ所で固定しました。
2009_0716_215625aa_s
2009_0716_215650aa_s
2009_0716_215703aa_s
1)普通に持つ
2009_0716_215740aa_s
2)親指を外したところ
2009_0716_215753aa_s
3)親指一本で支えたところ
2009_0716_215810aa_s
1)~3)のように、2重3重で落下防止をしています。
人差し指と小指で支えることで、親指で行なうデジカメの設定も片手で容易にできるようになりました。
2009_0716_215910aa_s
ポイント1:人差し指の保持部分
2009_0716_215947aa_s
ポイント2:子指の保持部分
2009_0716_220020aa_s
あとは実際に使ってみて形状の修正を行なうことと、今は金具がむき出しなので、特に小指が痛くなるため、
ビニール素材などでカバーをかける予定です。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: デジカメ パーマリンク