デジカメの落下防止策その5

デジカメの落下防止策その4」の続きです。
これまではグリップの上部をタイラップでカメラのストラップ金具へ付けていました。理由は底面の三脚ネジだけだと強度がないためです。
そこで底面に三脚用プレートを加工して付けるようにしました。プレートがカメラ底面に固定されるので、グリップの安定感が増し、タイラップは不要。ようやく取り外しが簡単にできるようになりました。
2009_1020_203412aa_s
2009_1020_203332aa_s

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: デジカメ パーマリンク

デジカメの落下防止策その5 への2件のフィードバック

  1. 蔵田 のコメント:

    カメラのグリップ性向上のためパーツを購入、制作しようと考え三脚用プレートを探していたところ「デジカメの落下防止策その5」にたどり着きました。
    よろしければどちらで販売されている三脚用プレートなのか教えていただけますでしょうか?
    私自身もパーツの自作は好きなのですが、デジカメの落下防止策にはHAKUBA等から発売されていますカメラグリップではいけなかったのでしょうか?
    コメントを書くことなど初めてで、何か失礼なことがあればすみません。

  2. 呼人 のコメント:

    こんばんは>蔵田さん。
    まず、三脚用プレートですが、近所の家電量販店で見かけたものを購入したものです。メーカーや型番はすみませんが分かりません。
    カメラグリップですが、当時はそういう製品があることを知りませんでした。ただ、今の使い方(自転車走行中に撮影する)ことを考えると、柔らかいグリップに掌を差し込む手間が気になるのかなという感じがします。
    これを作ってから1年半経ちますが、現在もこれを使っていますので、不満なく使っています。ただし見た目が悪いのが気になっていますが。

コメントは停止中です。