04/01/24 伊勢街道と伊勢神宮、剣峠で南勢へ

■16/7/3新規追加

コース 松阪駅-伊勢街道-伊勢神宮外宮-伊勢神宮内宮-剣峠-五ヶ所浦-浜島-合歓の里
距離 68Km

グレード ★★
走行日 2004年1月24日

ルート図

 松阪駅西口から商店街を直進し交差点を左折。電柱が撤去され、蔵様式の店が並ぶ道を進む。道なりに進み信楽寺、神戸神社を過ぎると松阪の郊外になる。

 徳和駅を越え、櫛田橋(櫛田川)で37号に合流するが、渡ったらすぐ左ななめに入る道を行く。ここからは近鉄山田線が沿ってくる。斎宮を通り、昔ながらの民家が建ち並ぶ景色の中を行く。

 明野で右折し37号に入るが、500m先の交差点で右斜めに入る。道がやや細くなり家々も密集した感じになる。いよいよ伊勢に近づいた感じがする。

 伊勢参りの最後の宿場である宮川に出る。宮川の渡し跡で右折して参宮線をくぐり宮川橋を渡る。



 伊勢神宮外宮 坂を上って おはらい町通り(旧参宮街道)にはいる。通りの中ほどにはおかげ横丁がある。伊勢うどんの店、土産物の店が連なる通りを抜けると伊勢神宮内宮入口である。 

 伊勢神宮内宮の駐車場を通り抜けた先に剣峠への道になる。五十鈴川沿いにしばらくアップダウンを繰り返す。川向は伊勢神宮の所有地であり立ち入り禁止だ。道幅は狭く大型車は通行しないため気分の良いサイクリングが楽しめる区間だ。

 剣峠からは五ヶ所浦と岬、島々が見られる。ここから南勢町に入る。

 剣峠から一気に下りきると五ヶ所浦の交差点である。左折すると浜島、鵜方、賢島への国道260号になる。

 合歓の里への交差点を右折し2Kmほど最後のアップダウンが続く。

関連記事:

呼人 について

サイクリングで全国へ
カテゴリー: サイクリング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です