Type-4の原型となった、プロトタイプの写真です。(写真左、右がType-3B)
基本的な構成はType-3Bそのままで、支柱をアルミに変更したものです。
従来の汎用金具の組み合わせから、アルミ素材の加工を自分で行ったことが、まず大きな変更点です。
そして、シンプルな構成で重量も180gと、これまで製作した中の最軽量となりましたが、Type-4の目的とするコロの位置が満足できなかったため、陽の目を見ることはありませんでした。
しかし、このプロトタイプを実際に製作したことで、Type-4のベース部と本体部の分割方法のアイデアを得ることができことはありがたいことでした。
こうして「ああでもない、こうでもない」とやることがとても楽しいです。

投稿者: 呼人

サイクリングで全国へ

「輪行コロType-4プロト」への1件の返信

コメントは受け付けていません。