手術後2週間

2018年11月30日自転車保険・鎖骨骨折

今日は抜糸の日。
右肩の傷口を覆っている防水シールをベリベリと剥がすと、皮が引っ張られている感じがなくなり、久しぶりに空気に触れる患部が心地よい。
担当医が高級感のあるラジペンの様な工具を手にして、ホッチキスを1個1個引き抜いてゆく。首を反対側に向けているので作業の様子を見ることはできない。抜かれるたびにちょっとチクチクとするくらいで痛くはない。
17本すべてを抜き終わり、消毒をしてガーゼを被せてテープを張って終了。
風呂は今日はだめだが明日からはOKとのこと。
レントゲンの様子も、プレート固定は曲がったり、ずれたりしていないので問題なし。骨折したところは2週間ではまだまだ新しい骨は見えてこない。
次の診察までは腕の動かす範囲は90度位にしておいてと言われる。
最後に、これまで聞きそびれていたプレートの材質を尋ねると
「チタンです。」
だって(^^)
ちょっと気分を良くして病院を後にした。