入っていて良かった自転車保険

鎖骨骨折の入院・通院に対する自転車保険金の支払いを受けました。。
加入していたのは、「ゼネラリ保険の自転車総合保険」
http://www.f-hoken.co.jp/fshop/jitensha/jitensha1.htmで、昨年3月に契約しました。
申し込んだのは個人型Eタイプ、入院日額5,000-、通院日額3,000- のものです。DタイプにしようかEタイプにしようか悩んだのですが、思い切ってEタイプにしました。
2007_0130_232416aa_s

そして、昨年6月にふじあざみラインで転倒骨折してから12月まで、2回の入院と通院10回分が支払対象となりました。
保険金の請求は、まず事故後に連絡して申請用紙を郵送してもらい、治療がすべて終了する頃に、病院に保険会社の診断書の記入を依頼し、また申請用紙には自分で事故状況などの記入をして、先週初めに郵送。
困ったのは事故状況の記入で、事故相手がいるわけでなく自分自身の単独事故なので何を書いてよいのやらと考えつつ、事故前後の状況を淡々と書いてみました。
すると、郵送してから1週間後に振り込みがされていて、えらく素早い対応に驚きました。
健康保険の精算(高額医療分の返金)がまだ終わっていないのですが、自己負担金の半分以上は自転車保険でカバーすることができたと思います。
申し込んだときには、「保険終了時に『あぁ損したなぁ』と言えればいいな。」 とか言っていたんですがね(^^;
加入時の記事「2006/3/25自転車保険」
□2009/4/27追記 「自転車保険についてお知らせ

広告

シェアする

広告

コメント

  1. 2輪3脚 より:

    ヘルメットはやっぱり大事

    心の中の叫びを無視して、あっ!・・・やっぱりそうなっちゃったか〜。
    という事がよくあります。
    以前から時々あったんです。
    例えば「ここに傘を置いたら盗まれたりして。と思いながらお店に入り
    出てきた時には・・・やっぱり。」とか
    今回も、疲れているからこんな時のパークはかなり気をつけなきゃな。
    ブレーキも壊れてるしな。
    カムイでさえ「パパ、ブレーキ壊れてるんだからさ〜」
    と私がパークへ行くのをどことなくためらう感じ。
    しかし、カムイのスニーカーを買いに行き、その足で駒沢へ。
    行っ…

  2. アフラックの入院保険

    アフラックの場合、商品ジャンルとして特に入院保険というものはなく、医療保険・がん保険などのなかで、病気・けがなどに対する入院保障というかたちで提供されています。(アリコジャパンなどの場合、入院保険という商品名を持つものがある)入院保険は、保障期間、一時給付金・入院給付金の日額、対象となる疾病・災害の種類、手術給付金の有無などがその保障内容となります。アフラックの入院保険は、EVER、EVER HALF、EVERボーナス、レディースEVER HALFなどの医療保険、21世紀がん……