高速道路無料化社会実験の自転車における恩恵

2018年8月20日コラム

今日から高速道路無料化の効果を検証する社会実験が始まりました。
車を保有していない私には直接の恩恵はないのですが、少しだけ期待できることがありました。
今年も夏休みに北海道ツーリングを計画しています。今回は十勝平野を中心に廻る予定で、アプローチは千歳側からなので、日高山脈を越えるのですが、そのルートはR38の狩勝峠とR274の日勝峠があります。
いろいろ見てみると、日勝峠ルートは石狩-十勝のメインルートで大型車の交通量がたいへん多く、「自転車で走るのはお勧めできない」と多くの方が書かれていましたので、片道は狩勝峠越えで、片道は輪行で行くことで考えていました。
しかし更に見ていくと、今では道東自動車道のトンネルが峠を貫いており、昨年には占冠まで延伸して自動車道を利用するメリットが増えていました。
そして、今回の無料化となれば、普通の運転手の方ならば道東自動車道を使うはず。そうなれば2年前の北見峠と同じ状況になり、のんびり気楽に走れるのではないかと期待しています。
写真は北見峠へのR273と旭川紋別自動車道の橋

コラム

Posted by 呼人