13/05/04 土浦から神栖

2018年3月20日サイクリング

05/04(土) 土浦-霞ヶ浦-北浦-港公園-神栖 72km ルート図

GW後半、津軽半島は寒くて大変だったので、今回は暖かくて平らな所へ行くこととして、茨城から千葉の計画とした。
スタートは土浦駅。すぐに霞ヶ浦に出られるが、そこは前に走ったことがあるので、R354経由で霞ヶ浦大橋を目指す。駅からすぐ、開店したばかりのさぬきうどん店でお昼にして再スタート。レンコン畑を横目に土浦バイパスからR354本流へ。天気も良く少し暑いくらいだ。



霞ヶ浦に半島のように突き出る高台を進み、かすみがうら市に入ってからは国道の旧道を辿りながら霞ヶ浦大橋へ。道の駅たまつくりから国道を離れて霞ヶ浦湖畔を少し南へ行く。



ここから北浦へ出る予定だったので、GPSが引いたルートに任せて走ると、プチ北海道のような畑や、田植えの景色が続くのどかな風景でとても良かった。



北浦大橋を渡り、北浦東岸の道を南へ。道はしばらく舗装されていたが爪木ノ鼻の手前からは砂利道となっていた。



霞ヶ浦に架かる鹿島線と国道の橋をくぐれば神栖の街はもうすぐ。神栖方面に煙突や鉄塔が立ち並んでいるのが見えてくる。予定より時間が早かったので、鹿島港に寄ることとした。


鹿島港の港公園に到着。ここには展望台があり、鹿島港が一望できる。製鉄所とコンビナートの迫力のある雄姿が目の前に拡がる。工場萌えにはたまらない。




工場地帯を戻って、今日の宿鹿島セントラルホテルへ。今日の走行距離は72kmと昼スタートだったが、思いの外走ることができた。