7/21(日)晴れ 藤沢-小田原-箱根湯本-大平台-強羅-小涌園 54km ルート図
5月以降、週末の天気が不順続きでしばらく遠出できなかった。
海の日含めての3連休も、直前まで様子を見て計画することとしていたところ、台風通過後で気温がかなり上がりそうなので、標高が高ければ涼しいだろうと大涌谷の影響で宿が予約しやすかった箱根に泊まりがけでのんびりと行くこととした。
家から海に出ればいつものように箱根の山々が見える。今日は各山の上の方は雲がかかっている。
相模川から金目川までも4車線化が完了してから走るのは初めで、途中歩道に入ったら行き止まりとなってしまう場所があった。
金目川も新橋と堤防が整備された。鳩たちはどこへいったのだろうか。

今日は箱根まで行くだけなので、太平洋岸自転車道から先は普段通っていないルートで進む。R1を渡って東海道線まで移動して線路脇の小道に。上り下りが多い細道で二宮駅、国府津駅と進む。


昼近くなり、日差しの強烈さが眼に痛い。鴨宮のダイナシティで早めの昼食にするころにはGPSの気温表示はもう35度になっていた。
今日はここから足柄幹線林道で上ろうと予定していたけれど、チェックしてみたら台風の影響で通行止めとのことなのでR1で行くこととする。
いつものように小田原から風祭、箱根湯本に至る頃には体温がだいぶ上がってきて熱中症の危険を感じながら三枚橋で旧道側のコンビニに寄って(ここで高校の同級生に遭遇してびっくり!)、湯本の赤い橋を渡る。


湯本から函嶺洞門を過ぎれば日陰が多くなるし、ゴールも小涌園なので気分は楽になる。普段と違う道ということで大平台のヘアピンカーブをショートカットする道へ。かなりの急坂道で今日は荷物も重いのであえなく押し歩き。箱根登山鉄道のスイッチバックが木々の間から見えた。

大平台の先で国道に戻り、宮ノ下を直進して宮城野から強羅へ上る。大涌谷の状況から強羅から早雲山までのケーブルカーは運行しているけれど、その先芦ノ湖までのロープウェイが止まっているので観光客の数も少なく寂しい感じだった。

強羅から少し上れば15時前に小涌園に到着。せっかく箱根に宿泊するので箱根駅伝関連ということで小涌園にした。早い時間のチェックインだったので、のんびりと温泉に入った後は、庭園とユネッサンを散歩する。
ここの標高は600mだが、すぐ上の山には雲がかかっていた。芦ノ湖の方は霧の中だったのだろうか。


最後は箱根駅伝小涌園ポイントでおなじみのユネッサンのキャラクター「ボザッピィ」。
そして小涌園のマスコットのふくろうです。

投稿者: 呼人

サイクリングで全国へ