GPS RAMマウントのBD-1への取付

2018年6月13日BD-1・輪行

GPSの地図を新しくしたとともにGPS本体も変えました。
これまでのハンドルバーマウントが使えないため、新たに自転車用取付器具か、RAMマウントにする必要があります。自転車用取付器具では振動で落下する事例をいくつか見聞きしたので、安全策でRAMマウントにしました。(ロボさんは純正の取付器具で試験中なので、しばらくしたらお互いの情報交換をするのもいいかなと思ったため)
RAMマウントのBD-1への取り付けは、定番であろうUボルトベースでハンドルバーに付けました。アームの位置と角度をいろいろと調整でき、写真以外の取り付けも試したのですが、しっくりとする場所がありませんでした。
2009_0124_151432aa_s

2009_0124_151533aa_s

Uボルトをハンドルステムに付ければいいんじゃないかと思ったのですが、BD-1のハンドルステムの直径35mmに対して、Uボルトの取付径が最大25mm(Uボルトの内寸実測27mm)なので取付は不可能です。
太いパイプ用に、Uボルトでなくベルトクランプタイプ(48mmまで対応可)があること、また、アームもショートタイプからロングタイプまで種別があることを知ったのですが、まずは現状のままで工夫してみようかと考えました。
ホームセンターでBD-1のハンドルステムに取り付け可能なUボルトを調達(内寸37mm)
2009_0124_151715aa_s

ただしこのサイズだとUボルトベースの取付穴に干渉するため、ベースの2つの穴を0.5mm~1.0mm位ヤスリで削って広げ、買ってきたUボルトが入るまで加工します。
2009_0124_152521aa_s

UボルトをBD-1のステムに取り付け、GPSの位置を今までの位置とほぼ同じ場所になるように調整しました。
2009_0124_153920aa_s

2009_0124_153942aa_s

2009_0124_154015aa_s

昨日のヤビツ峠で1日使ってみましたが、RAMマウントは問題なく使うことができました。
(新しいGPSの操作に戸惑っていたため、RAMマウントにまで気をまわらなかったこともあります)
あとは輪行と、フロントにバッグを付けたときの修正があるかもしれませんが、とりあえず現状報告です。
Uボルト

ベルトクランプ

Cクランプ