第95回(2019)箱根駅伝AI順位予想-前回までのまとめ

第95回箱根駅伝、今回も順位予想を行います。

12/10にチームエントリーが発表されると、予想作業も本格化しますが、今年から順位予想にAI(人工知能)による方法を行うため、これまで蓄えてきた情報を利用するために、データ整理を行っているところです。

そこで、今日はこれまでの12回の予想と結果のまとめを公開します

12回の予想と結果まとめ

次の表が12回分のまとめになります。並び順は予想より結果がいいチームの順番(平均順位差)としました。

■表解説
勝:予想順位より上位
分:予想順位通り
負:予想順位より下位
平均順位差 {(予想順位-結果)の12回の積算}/12

考察

順位、タイム予想はこれまでにもお話してきましたように、エントリー選手の10000m、20km、ハーフの記録、出雲、全日本の結果、トップ1,トップ3の記録などから、予想してきました。

実際は、いろんなドラマがあり、予想を大きく覆す結果もあるのですが、広い範囲(上位、中位、下位)で考えるとそう大きくは外れないものです。

そして12回も続けていれば、良いときもあるし悪いときもあるから、平均化されるのではないだろうかと思ったのですが。

ただし、上の結果で見ますと、順天堂大学については9回の結果で予想を上回ったのが8回、平均順位差も+4.8と、毎回毎回5つも下の順位を予想しちゃっていると、ちょっと私には信じがたい結果です。順天堂大学の箱根駅伝に対する何かしらの力が働いているのでは?とまで思ってしまいます。

ということで、このデータも今回の順位予想に反映していきたいと思います。

参考

(参考)過去12回の予想と結果のまとめ表です。

その他

過去の順位タイム予想と結果はこちらのページから順位予想記事を探していただくか、カテゴリー「箱根駅伝」より検索お願いします。

また、箱根駅伝コース地図 往路 復路 のページでは94回大会のプレイバックを表示しています。ぜひご覧ください。

広告

シェアする

広告