リクセンミッドシップ・プロト

2018年3月7日BD-1・輪行

リクセンカウルのバッグをBD-1のフレームの左右に取り付けるアダプタを製作しました。

外観1

外観2
北海道ツーリング用としてずいぶん前から構想はあったのですが、ようやく形になりました。


これまで北海道に4回ツーリングに行きましたが、長期のツーリングはどうしても荷物の積載が大変です。場所によっては水も大量に確保しておく必要もありますし。
なので、着替えなどの荷物でパンパンになったマッチパックをエクステンダーに付け、ハンドルに地図など必需品を入れたバッグを付けていましたが、もっと余裕を持った積載ができないかなと思っていました。
北海道で多く見かけるちゃりだーのように、前後輪の左右に大きなバニアバッグを付けてみたいという憧れもありました。
BD用フロントキャリアもありますが、ハンドルが重くなってしまうので、BD-1の形を活かせるフロントミッドシップを考えました。
あと、ここにバッグを付けていると前方から見ると、(なんちゃって)ちゃりだーに見えるでしょう(^^)
製作のヒントとなったのはLOROオリジナルのタルタルーガ・センターラックです。
リクセン・アタッチメント2個を、コの字形アングル材と5mm長ネジで写真のように加工しました。アタッチメントの下側の出っ張りはフレームに当たる形状に合うように削りました。




取り付け箇所は、折りたたみの時にハンドルポストと干渉するため、簡単に取り外しが出来るようにする必要があります。そこで、手持ちにあった金具と100円ショップで見つけたホース止め金具、あと蝶ボルトでベース部を作りました。

ベース部
ベース部にアダプタを取り付け、蝶ナットで固定します。

アダプタ取付
とりあえず左右にマッチパック(新型と旧型)を取り付け。

マッチパック取付
近所を試走して見ましたが特に問題はなさそう。新型マッチパックのほうにつま先が当たるかどうかギリギリのところでしたので、取り付け位置と角度を見直してクリアランスをもっと確保したいと思います。
あとはある程度の荷物を積んで、日帰りで耐久試験をしておかないといけないですね。