’10GWツーリングトピック09-木次線の駅舎-

2018年3月20日サイクリング

出雲坂根から先の木次線もいい雰囲気の駅と沿線風景が続きます。
出雲坂根から快適に下った先にある八川駅。田園風景が広がってきた場所にあります。駅舎内の暖廉がいい感じ。


出雲横田駅。横田の街の中心部にあり、列車本数もここから増えます。社殿造りの駅舎にしめ縄が提げられています。


出雲横田から亀嵩へは大きな道は通じていないので山間のちょっとした峠道を走りますが、意外と他県ナンバーの車が多く走っていました。

その理由が亀嵩駅。かつて映画で有名となり、昨今は駅に蕎麦屋としても知名度が上がっています。夕方でしたが多くの観光客で賑わっていました。


出雲三成駅近くの奥出雲町サイクリングターミナルに宿泊しました。部屋から木次線を見ることができました。

出雲八代駅は宿場街の駅。写真のとおりで言うことなし。

出雲八代~下久野間は木次線はトンネルで抜けますが、県道はいつくかのアップダウンの道が続き、下久野駅間近では線路と合流します。

これまた佇まいが立派な下久野駅。2線あった線路の片側は駅ナカ農園となっています。


下久野~日登。ここもお勧めの道。1車線の大雨時には通行止めとなる県道です。まるで廃線跡のような鉄橋に、山の急斜面に城壁のごとく貼り付ている路盤と、感嘆しながら走っていきました。


木次駅の手前の日登駅。駅舎の前に一本の木があるのがこのあたりの駅の特色でした。

木次駅からは木次線を離れて斐伊川に沿って出雲市へ向かいました。